甲子園【高校野球】伝説@プロ選手達の繰り広げた名勝負

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←南北海道・駒大苫小牧高校 田中将大投手  →広島・広陵高校 中田廉投手
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

 
東京ヤクルトスワローズ

宮城・仙台育英高校 佐藤由規投手

 
 ←南北海道・駒大苫小牧高校 田中将大投手  →広島・広陵高校 中田廉投手
由規(よしのり:登録名)本名:佐藤 由規(さとう よしのり)

生年月日:1989年12月5日

東京ヤクルトスワローズ(投手)

2007年 高校生ドラフト1位入団



宮城県仙台市出身。

小学校4年生の時から、兄や両親に説得されて野球を始める。

由規本人は左効きなのだが、兄(右利き)のグローブを使ってたことにより、左効きの右投げになった。

当初は嫌々通っていたというが、持ち前のひたむきさで野球に打ち込むようになっていった。

仙台市立北仙台中学校1年生だった2002年(平成14年)には、リトルリーグの仙台東リーグの一員として全国制覇。

その後、仙台東は日本代表としてアジア大会を勝ち進み、世界大会に進出。

初戦の対ロシア戦に先発した由規は大会10年振りとなるノーヒットノーランを達成し、最終的にチームは決勝でアメリカ代表に1-0で惜敗し世界2位に輝いた。

由規の中学校には野球部があったが、シニアリーグの仙台西部に所属して野球を続け、学校内では陸上部に所属した。



2005年に仙台育英高等学校に進学。

当時の球速は130km/hに満たず、控え三塁手だったが、1年秋には140km/hを記録して注目を集めた。

その後どんどん球速を伸ばし、3年夏の甲子園2回戦・智弁学園高校(奈良)戦の4回裏に、甲子園のスピードガンで計測された中で最速の155km/hをマークした。

それまでの記録は寺原隼人(日南学園→福岡ダイエー→横浜)の154km/h。

最終的には2007年の日米親善試合にて自己最速の157km/hをマーク。

甲子園には2年夏、3年春、夏と三期連続出場し、登板5試合中4試合で二桁三振を奪っている。



2007年のドラフトでは、中田翔(大阪桐蔭→北海道日本ハム)、唐川侑己(成田→千葉ロッテ)と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、地元の楽天の他、ヤクルト・横浜・中日・巨人の5球団が1巡目で競合し、ヤクルトが交渉権を獲得した。

背番号「11」にあわせた11月11日に契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で仮契約。

高校生としては史上最速記録の速球にばかり話題が集まっていたが、プロのスカウト評ではスライダーの切れに対する賞賛の声も多かった。




もくじ   3kaku_s_L.png   東京ヤクルトスワローズ
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【南北海道・駒大苫小牧高校 田中将大投手 】へ
  • 【広島・広陵高校 中田廉投手 】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。