甲子園【高校野球】伝説@プロ選手達の繰り広げた名勝負

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←西東京・早稲田実業高校 斎藤佑樹投手 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

 
埼玉西武ライオンズ

大阪・大阪桐蔭高校 浅村栄斗選手

 
 ←西東京・早稲田実業高校 斎藤佑樹投手 
浅村 栄斗(あさむら ひでと)

生年月日:1990年11月12日

埼玉西武ライオンズ(内野手)

2008年 ドラフト3位入団



井高野小4年からソフトボールを始め、井高野中1年から硬式の都島ボーイズで野球を始める。

大阪桐蔭高校進学後1年秋からベンチ入り。

春の甲子園ではベンチ入り出来なかったものの、2年夏からは二塁手で背番号14ながらもレギュラーとして出場。



最高学年となった新チームがスタートするとショートを守るようになり、2008年の夏の甲子園に出場。

1番ショートで全6試合に出場。

持ち味であるシュアなバッティングと、センス抜群の軽快な守備でチームを牽引。

1回戦から決勝までの6試合で2本塁打を放ち、守備でも好プレーと攻守に渡る活躍で大阪桐蔭高校の全国制覇に貢献。

一回戦の日田林工高戦で5安打を放ち、二回戦の金沢高戦では2本塁打を放った。

守備面でも10回にセンターに抜けようかという打球を好捕、ノーバウンドスローで一塁に送球しアウトとした。

決勝の常葉菊川高戦では7回の守備で無死二塁でピッチャーのグラブを掠めた打球を三塁に送球しアウトをとるなど美技といわれる守備で注目された。

高校最後の打席も、左翼へのソロホームランで飾った。



2008年のドラフト会議にて、埼玉西武ライオンズから3位指名を受け入団。

高校通算22本塁打。50m6秒2、遠投100m。


もくじ   3kaku_s_L.png   埼玉西武ライオンズ
*Edit ▽TB[1]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  • from  
  • at 2012.11.04 13:56
  • 【西東京・早稲田実業高校 斎藤佑樹投手】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。