甲子園【高校野球】伝説@プロ選手達の繰り広げた名勝負

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←大分・明豊高校 今宮健太選手 →神奈川・横浜高校 筒香嘉智選手
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

 
広島東洋カープ

愛知・中京大中京高校 堂林翔太選手

 
 ←大分・明豊高校 今宮健太選手 →神奈川・横浜高校 筒香嘉智選手
堂林 翔太(どうばやし しょうた)

生年月日:1991年8月17日

広島東洋カープ(内野手)

2009年ドラフト2位入団



小学校2年時に豊田リトルで野球を始め、中学時代は豊田シニアに所属し、投手兼遊撃手。

宮城県で開催された国際大会で名古屋北シニアの補強選手として出場。

この時、東北選抜との試合で菊池雄星と対戦している。



中京大中京高校に進学すると1年春から投手としてベンチ入り。

1年秋には打力を買われて一塁手のレギュラーになる。

2年春には選抜に出場するも試合出場は無し。

2年夏は予選敗退。新チームとなった秋からエースで4番を任され、東海大会を全4試合完投するなど安定した投球で優勝し選抜の切符を手にする。

3年春の選抜では準々決勝で報徳学園に9回までリードしながら敗れベスト8。

打撃では打率.584、4打点。



3年夏の選手権ではエース兼4番として投打でチームを牽引し、打率.522、12打点、1大会通算最多タイとなる6二塁打を記録。

日本文理との決勝では右中間に先制2ランホームランを放つなど、同校の史上最多7度目となる夏の甲子園優勝に大きく貢献。

高校通算13本塁打。



2009年ドラフト会議では、広島東洋カープから内野手として2位指名を受け、入団。

ちなみに1位では同年の選抜優勝投手今村猛が指名されており、春夏の甲子園優勝投手が同一球団に同時に指名されるのは史上初である。

得意な打撃に加えて、遠投100mの肩、50m6秒2の俊足と3拍子揃った好素材に、球団からは投手としてではなく、三塁手及び遊撃手としての育成を考えられている。

背番号の13はアレックス・ロドリゲスにちなんだもの。

将来は「4番・三塁」として、彼の様になって欲しいという願いが込められている。




もくじ   3kaku_s_L.png   広島東洋カープ
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【大分・明豊高校 今宮健太選手】へ
  • 【神奈川・横浜高校 筒香嘉智選手】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。