甲子園【高校野球】伝説@プロ選手達の繰り広げた名勝負

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←愛知・中京大中京高校 堂林翔太選手  →島根・浜田高校 和田毅投手
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

 
横浜ベイスターズ

神奈川・横浜高校 筒香嘉智選手

 
 ←愛知・中京大中京高校 堂林翔太選手  →島根・浜田高校 和田毅投手
筒香 嘉智(つつごう よしとも)

生年月日:1991年11月26日

横浜ベイスターズ(内野手)

2009年ドラフト1位入団



小学2年のとき、和歌山ニューメッツで野球を始める。

中学では堺ビッグボーイズに所属し4番として30本塁打をマーク。

中学3年で全国大会ベスト8。

ボーイズ関西選抜の4番として世界大会に出場。

関西の強豪校からの誘いもあったが、松坂大輔への憧れから横浜高校へ進学。



横浜高校でも長打力を買われ1年春から4番に抜擢される。

1年生4番は紀田彰一(元横浜ベイスターズ)以来。

高校2年で第90回全国高等学校野球選手権大会に出場。

初戦の浦和学院戦では先制の本塁打。

準々決勝の聖光学院戦では満塁弾を含む2打席連続本塁打を放ち、1試合個人最多タイとなる8打点を挙げる。

準決勝でこの大会優勝した大阪桐蔭に4-9で敗れた。

しかし筒香本人はこの大会では打率.526・3本塁打・14打点の活躍で4強入りに貢献。

その後、腰痛の悪化により椎間板ヘルニアと診断され2ヶ月弱のリハビリをする。

一時期スイッチヒッターへ転向するも左打ちに専念。



高校3年春の花巻東との練習試合では、4回の攻撃時に菊池雄星から特大ソロ(高校通算55本目)を放っている。

しかも数日前から体調を崩し、当日の朝であっても39度の高熱が下がらないにも係わらず、監督に出場を志願していた。

この夏の神奈川大会における7月26日の準々決勝では、5-9の劣勢で迎えた9回表に仲間の奮闘で4点を奪い9-9の同点。

なおも2・3塁の好機に打順が巡ってきたものの、1塁ゴロで同点止まり。

すると延長10回ウラには2死から、自身による1塁への悪送球で打者走者の2塁進塁を許した事がきっかけとなり、横浜隼人に9-10xでサヨナラ負けを喫した。

それでも大田泰示(東海大相模→巨人)の神奈川県最多記録を更新する高校通算69本塁打を記録する。




もくじ   3kaku_s_L.png   横浜ベイスターズ
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【愛知・中京大中京高校 堂林翔太選手 】へ
  • 【島根・浜田高校 和田毅投手】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。