甲子園【高校野球】伝説@プロ選手達の繰り広げた名勝負

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←広島・広陵高校 上本博紀選手  →神奈川・横浜高校 石川雄洋選手
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

 
北海道日本ハムファイターズ

大阪・大阪桐蔭高校 中田翔選手

 
 ←広島・広陵高校 上本博紀選手  →神奈川・横浜高校 石川雄洋選手
中田 翔(なかた しょう)

生年月日:1989年4月22日

北海道日本ハムファイターズ(内野手、外野手)

2007年ドラフト1位入団



広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。

シニア全日本選抜ではアメリカ遠征で4本塁打を放ち、投手としても141km/hを記録した。



大阪桐蔭高校に進学すると、1年夏には五番・一塁手でレギュラーとなり、投手としても最速147km/hを記録。

甲子園には、超高校級投手・辻内(2005年巨人高校生ドラフト1位)とこちらも超高校級スラッガー平田(2005年中日高校生ドラフト1位)を擁して、優勝候補筆頭として1年の夏に出場する。

初戦の春日部共栄戦でエース辻内が序盤から制球が定まらず、リードされる展開。

この思い空気を一変させたのが、当時1年の5番中田の一振りだった。

春日部共栄のエース難波左越えホームラン。

投げては辻内をリリーフし、140km/h台のストレートを駆使し見事勝利に導いた。

辻内・平田に加えて中田の活躍で大阪桐蔭はこの夏、ベスト4まで勝ち抜く。



秋からはエースで四番を任され、翌2006年春には151km/hまで球速が伸びた。

2年時は肩の故障で投手としては活躍が出来なかったものの、打者として大阪大会新記録となる4試合連続本塁打、甲子園では推定飛距離140メートル弾、さらに秋季近畿大会では紀三井寺野球場で推定飛距離170メートルの本塁打を放つ。

このころから「平成の怪物」と呼ばれるようになる。



3年生時(2007年)の7月6日、全国高校野球大阪大会直前の練習試合・生野工業高校戦にて当時の高校通算本塁打の新記録となる87本目の本塁打を記録。

大阪大会の決勝ではエースの植松優友を擁する金光大阪高校と対戦し、投手としては初回に3失点、打撃でも5打数無安打とふるわなかった。

結局チームも金光大阪に3-4で敗れ、3年の夏、甲子園出場を逃し中田翔の高校野球は幕を閉じた。



同年10月3日のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)においては、佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、北海道日本ハムファイターズを含む4球団に1巡目で指名され、交渉権を獲得した日本ハムに入団。

同年11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円・出来高5000万円・年俸1500万円(推定)で契約。

背番号は同年オフに現役引退した田中幸雄の6を引き継いだ。




もくじ   3kaku_s_L.png   北海道日本ハムファイターズ
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【広島・広陵高校 上本博紀選手 】へ
  • 【神奈川・横浜高校 石川雄洋選手 】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。