甲子園【高校野球】伝説@プロ選手達の繰り広げた名勝負

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←神奈川・横浜高校 筒香嘉智選手 →愛媛・西条高校 秋山拓巳投手
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

 
福岡ソフトバンクホークス

島根・浜田高校 和田毅投手

 
 ←神奈川・横浜高校 筒香嘉智選手 →愛媛・西条高校 秋山拓巳投手
和田 毅(わだ つよし)

生年月日:1981年2月21日

福岡ソフトバンクホークス(投手)

2002年 自由獲得枠



野球を始めたのは、1987年、江南市立藤里小学校1年のとき、地元の「江南団地野球」に入ったのがきっかけ。

1991年、父の故郷島根県出雲市へ転居。

父も大学時代日体大で活躍し、首都大学野球連盟リーグの首位打者1度・ベストナインに2度選出されている。

実兄は立教大学で活躍した。

高校時代浜田高校のエースとして、1997年度の全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。

初戦でエース・石川雅規(後に東京ヤクルト)を擁する秋田商と対戦。

9回同点から満塁策をとるが、続く打者石川も歩かせてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。



翌1998年度の全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。

初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農に勝利。

続く3回戦で森本稀哲(後に北海道日本ハム)を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。

次の準々決勝では古木克明(後に横浜)を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。

この前年の秋に上腕三頭筋を断裂していることもあり、この当時は120km/h程度しか出ていなかったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。

ドラフトでは自由獲得枠で福岡ダイエーホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)に入団。

入団の理由に、秋山幸二の引退試合での、福岡のファンの温かさへの感動を挙げている。

また、実際に福岡ドームに試合を観戦しに行き、その熱い声援が早慶戦に似ていたことも挙げている。




もくじ   3kaku_s_L.png   福岡ソフトバンクホークス
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【神奈川・横浜高校 筒香嘉智選手】へ
  • 【愛媛・西条高校 秋山拓巳投手 】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。